BLOG&NEWS

  1. HOME
  2. Blog&News
  3. 髪質改善の為の”豆知識”サロンと市販のシャンプーは何が違うの?髪質改善の為の”豆知識”サロン...

髪質改善の為の”豆知識”サロンと市販のシャンプーは何が違うの?

コラム

これから髪質改善を始めたいですっっ!!と考えてる方や髪質改善に興味はあります。だけど何からすればいいか分からないんです。。などなど今回はそんな方達の為になるであろうテーマ!!

『サロンシャンプーと市販シャンプーって違いあるの??』

なぜかと言いますと一番簡単にだれでも髪質改善に取り組めるからなんです。

決して市販シャンプーが悪いというわけではなく市販シャンプーでもサロンシャンプーでも成分と特徴を理解して髪質と目的に合ったシャンプー使用する事がとても大切なんです。

かなり分かりやすく忖度なしで綴っていきますので全て読んでいただければ自信を持ってご自身でシャンプーが選べるようになると思います!!
今回のテーマは2回にわたって紹介していきます!

サロンシャンプー派?市販シャンプー派?

 

大きく別れる点として仕上がりの使用感と界面活性剤の安全性ではないでしょうか。
界面活性剤とは水と油を混ぜ合わせる機能を持つ成分
水と油が混ぜ合わないとシャンプーと頭皮の脂が混ざらない為、汚れが落ちません。シャンプー剤には必要不可欠な洗浄成分なのです。

界面活性剤って何なの??

界面活性剤の種類大きく分けて4種類ここの違いが市販シャンプーとサロンシャンプーで大きな差があります。それぞれ説明しますね。

石けん系 石けんを原料としたシャンプーで天然の界面活性剤。とても泡立ちにくいが洗浄力は強く肌に優しい。反面アルカリ性であるためキューティクルが開きダメージの原因になります。脱脂力もあるのでかなりきしむようになりごわごわした髪質になります。石けん系以外を使用すると肌荒れする方以外全ての髪質の方におすすめできません。

主な成分 石けん素地 カリ石ケン素地 脂肪酸ナトリウム オレイン酸Naなど。

アミノ酸系 アミノ酸が原料の天然由来の界面活性剤。泡立ち洗浄力はマイルドで地肌への刺激も少ない。弱酸性なので敏感肌やカラーやパーマ履歴のある髪にオススメ。市販の1000円~のシャンプーやサロンシャンプーに多い。

主な成分 ココイルグルタミン酸Na ラウロイルメチルアラニンNaなど

ベタイン系 天然由来の界面活性剤。とてもマイルドな洗浄力で低刺激。保湿効果もありパーマやカラーの持ちもよくなります。ベビーシャンプーや敏感肌用のシャンプーなどが多い。単体で使われることは少なく他の成分と国合わせる事が多い。

主な成分 コカミドプロピルベタイン ラウラミドプロピルベタイン
ココアンホ酢酸Naなど。

高級アルコール系 石油系とも言われ人工的に作られた界面活性剤。
安価で洗浄力、刺激が強い。パーマやカラーの持ちが悪くなる。市販のシャンプーで使用される事が多い。脱毛の原因にもなる。


主な成分 ラウレス硫酸Na ラウリル硫酸 Naパレスー3硫酸Naなど。

お肌や髪質に合ったシャンプーの選び方のコツ

*成分表の3番目以内に『ココイル~』『ラウロイル~』とあればアミノ酸系シャンプーと言えます。
ただし水の次の成分が石油系の場合は注意(ラウレス硫酸Na・ラウリル硫酸Na・例外でオレフィンスルホン酸)
基本的に石油系と石けん系はおすすめできません

なかなか聞き慣れない成分で大変ですが少し意識しながら選んでいくと半年後1年後の髪質改善の結果に大きな差が出ます。

シャンプー選びのコツはまだまだありますので次回のブログまでお待ちください!!
あとついにNATHANのオリジナルシャンプーが完成しました!!
こちらも次回のブログで紹介させてください!

ご予約はこちらからネット予約が可能です。

___________________________

大切な時間をより価値あるものに

NATHAN HAIR ROOM
自由が丘/美容室/美容院

Instagramはこちら ▶

目黒区緑ヶ丘2-12-9
TEL:03-6421-3015
___________________________